UMAだった生き物たち
未確認生物という意味のUMAと言う言葉。

私たちがよく知っている動物の中にも、かつてはUMAと呼ばれていた奴らがいるのをご存じだろうか?

今では動物園なんかで気軽に見られるあの動物も、昔はUMAだったんだよ!

どんな生物でも、最初に目撃された時は未確認生物。

調査を重ねて生態が明らかになった時、UMA卒業!となるんだね。

今回は、かつてUMAだった動物たちを一挙大公開しちゃうよー!

スポンサーリンク

ちょっと前まではUMAと呼ばれていた生き物

ゴリラ

ゴリラ

今でこそ動物園に行けば必ず会えるくらいメジャーな動物、ゴリラも100年前まではUMAだった。

アフリカの原住民の間では、

「人間にそっくりでめちゃめちゃデカいヤツがいる!凶暴だから気を付けろよ!」

と噂になっていたそうだ。

しかし、専門家たちは、鼻で笑って信じてくれなかったみたい。

やれやれ

「そんなに大きな猿人類がいるわけないでしょ!」

ゴリラの生息地はジャングルの奥深く。

人間に見つかりにくい環境で暮らしてため、長らく空想上の生き物とされていたのだ。

開拓が進み、正式に存在が確認されたのは1903年。

ウンコを投げるゴリラ

たった100年前まではUMAだったゴリラも、今では動物園で元気にウンコを投げている。

コモドオオトカゲ

コモドオオトカゲ

インドネシアに生息している、現代に生きる恐竜「コモドオオトカゲ」

彼らもかつてはUMAとされていた。

コモドオオトカゲが最初に目撃されたのは、1911年。

コモド島に不時着した飛行機の乗員が発見。

恐竜のいる島

「この島にはまだ恐竜が生きている!」

現代に生きる恐竜の存在は、たちまち世界中で話題になった。

見た目もインパクトあるし、まさに恐竜と呼ぶにふさわしいよね。

初めてコモドオオトカゲが発見された翌年の1912年に、専門家によって調査されトカゲの仲間だということが判明した。

今では、人間を襲うこともある獰猛な要注意生物として恐れられている。

パンダ

パンダ

動物園のアイドル、ジャイアントパンダ。

今でこそチヤホヤされている彼らにも、珍獣扱いされている不遇の時代があったというから驚きだよね!

パンダの生息地である中国では認知されていただろうけど、欧米では知られていなかった。

初めて欧米人がパンダを目撃したのは、1869年。

白黒模様の変なヤツがいる‥と報告されたみたいww

でも欧米では「そんな奴はいるはずない!」となかなか信じてもらえず‥。

パンダ

実際にパンダが欧米に公開されるまでは、現実には存在しない空想の生き物とされていたらしいよ。

パンダの生態についての詳しい情報はこの記事で紹介しているよ!

【ジャイアントパンダ】実は超凶暴な動物園のアイドル

カモノハシ

カモノハシ

ユニークな見た目をしているカモノハシ。

卵を産む哺乳類として知られている彼らにも、UMAとだった時代があった。

カモノハシが最初に発見されたのは1798年のこと。

イギリス海軍の軍人が

「珍しい生き物がいるぞ!」

と、カモノハシの毛皮をイギリスに送って報告した。

カモノハシ スケッチ

こんな感じの生き物だった‥というスケッチ画も添えて。

しかし‥

「バービーの毛皮にクチバシ縫い付けただけだろ!こんなヤツいるわけない」

と信じてもらえなかったのだ。

それでもちゃんと信じて調査してくれた人がいたんだろうね。

クチバシがついた謎の生物の存在は、1800年に正式に認められることとなった。

カモノハシの生態については、現在も謎に包まれている部分が多くて絶賛調査中とのこと。

カモノハシのユニークな生態についてはコチラの記事で紹介しているよ!

【カモノハシ】毒を仕込んだ後ろ回し蹴りでライバルを暗殺

イッカク

イッカク

海のユニコーンと呼ばれていたイッカク。

その名の通り、大きな角が生えている鯨類だ。

イッカクが生息しているのは、北極海。

ヨーロッパの人たちにとっては伝説の生き物とされていた。

イヌイットとの貿易を通してヨーロッパの人々にもイッカクの存在が伝わっていたみたい。

ちなみに、イヌイットにはイッカク伝説というものがあるらしい。

イッカク伝説

ある女性が銛にしがみついたまま海に引きずり込まれてしまった。
その後、女性はシロイルカにくるまれ、銛は牙となって、それがイッカクとなった。

19世紀では伝説の生物とされていたイッカクも、現在では調査が進められ謎に包まれていた生態も明らかになってきている。

シーラカンス

シーラカンス

生きた化石とも呼ばれているシーラカンス。

シーラカンスが生きていたのは4億年以上前とされていて、化石によって前から知られてはいたんだけど、恐竜と一緒に絶滅したと考えられていたんだよね。

でも‥

1938年、シーラカンスの捕獲に成功!

絶滅したと思われていたシーラカンスは現在も生きていたのだ。

わーい

「20世紀最大の生物学的発見だ!」

と科学者たちは大喜び!

現在では数種類のシーラカンスが発見されていて、深海にはまだまだ発見されていない未知の魚がいるはずだと専門家たちは胸を躍らせて新たな発見を目指している。

これからもUMAの生態が明らかになっていくことに期待!

ネッシー

今回紹介したUMAだった生き物たち。

現代では馴染みのある子たちも多いよね!

でも、ほんのちょっと前の人たちにとっては実在しない空想上の生物って考えられていたのだ。

ゴリラなんて動物園に行けば見れるじゃん!ププッ

なんて思えるのも、昔の人たちがゴリラを発見して調査してくれたからなんだね。

ということは‥

未だ解明されていないUMAの生態が明らかとなる日もそう遠くないのかもしれない!

10年後には、動物園でイエティとかネッシーがお出迎えしてくれるかもしれないよww

そう考えるとワクワクしてきちゃうねww

関連記事