トコロシ イメージ画像
トコロシというUMAを知っているだろうか。
南アフリカを中心に存在が語り継がれている精霊の一種だ。

精霊と言っても善良な類のモノではない。
邪悪で恐ろしい「呪われた精霊」なのだ。

今回は、トコロシとはどんなUMAなのかについて迫ろうと思う。
(トコロシの画像が見つからなかったので、ただの鬼の画像で代用w)

スポンサーリンク

トコロシ

トコロシとは?

トコロシは精霊の一種と言われていて、南アフリカを中心に語り継がれているUMA。
見た目を一言で表すと、黒い子鬼がピッタリだろう。
体長は30センチほどで、肌が黒く、頭部には鋭い突起がついている。

子どもと遊ぶのを好み、学校での目撃例も多い。
また、寝ている人間の夢を探って悪さを働くこともあるという。
決して善良な精霊ではなく、小さい悪魔のような恐ろしい存在なのである。

トコロシが関係していると言われている奇妙な事件

2015年、実際にトコロシに襲われたという女性が現れた。
なんでも彼女は、10年以上前からトコロシに毎晩襲われつづけているらしい。
トコロシは彼女の金を盗んだり、ピーナッツバターを食い漁ったり、鏡を割るというイタズラをしているそうだ。

ピーナッツバターww
どうやらトコロシにも好きなモノがあるらしいww

ちなみに、トコロシのいたずらに困り果てた彼女は、多くの呪術師に相談したが「呪われている」と言われるばかりで何の解決にもならなかったそうだ。

ピーナッツバターを買わないように誰か彼女にアドバイスしてあげて‥。

他にも、1994年のアフリカ初の全人種参加の総選挙の際にトコロシが投票所のテーブルの下に潜んでいるという噂が広まった。
「トコロシによって誰がどの党に投票したかがわかる」といった内容だったようだが、実際は自分の党に投票させるための政党のデマだったということが判明した。
しかし、多くの人が信じたようだ。

日本だったらそんなウサンクサイ話は誰も信じないと思うけど、やっぱりトコロシが信じられているアフリカではみんな信じちゃうんだね‥。
くだらない事件だなんて思ってしまったのは内緒ですww

トコロシの正体は?

トコロシの正体については謎に包まれている。

呪術師が作り出した悪魔の子どもという説。
死人の目と舌を取り除かれて作られたゾンビの一種だという説。

様々な憶測がされているが、どれも確証はないものばかりだ。

トコロシがなぜ人間にイタズラをするのかについても、何者かがトコロシを使って悪さをしているのではないかとも言われているが、詳しいことはわかっていない。