今回紹介するのは、

世界最大のハチさんだ。

その名もオオベッコウバチ

オオベッコウバチ

デカいハチといえばオオスズメバチなんかを想像するけど、オオベッコウバチはあれよりももっとデカい!

そして、なんか見た目もハチっぽくないのだw

さらに‥

クモを専門に狩っていて、タランチュラが標的なのだという!!!

まさに地上最強のハチなのだ‥。

一体どんなヤツなのか?

詳しく迫ってみようと思う。

スポンサーリンク

オオベッコウバチ

オオベッコウバチってどんな生き物?

ハチ目ベッコウバチ科。

体長はなんと6cm以上にもなるという。

オオスズメバチの女王でさえ、5cmほどしかないからね!

世界最大は間違いないのだ。

オオベッコウバチ

体は青っぽくて、羽はオレンジ。

僕たちが知っているハチとはだいぶ見た目も違うよねw

主にアメリカに生息している。

クモを専門に狙うハンター

ハンター

冒頭で話したようにオオベッコウバチはクモのタランチュラを専門に狙うハンターなのだ。

そのことからタランチュラホークとも呼ばれているんだよ。

しかもハチって飛んで何かを探し回ってるイメージがあるけど、オオベッコウバチは違う。

タランチュラを探して地上をウロウロしてるのだwww

ハチのイメージがガラガラと音を立てて崩れてくねw

そして、地上でタランチュラの巣を見つけたら巣からタランチュラを引きずり出すwww

自分よりも何倍も大きいタランチュラを。

そして、毒針を刺してタランチュラを麻痺させて倒していくのだ‥。

ちなみにこれだけ体格差があるんだから、かなりギリギリの勝負になるんじゃないかと思うけど、

一方的にタランチュラをボコボコにしちゃうみたい。

タランチュラも毒針で応戦するんだけどね。

そんなの当たらんぜよと言わんばかりのスピードで翻弄し、完全勝利をものにするのだ。

戦闘の天才のハチなのだね‥。

そしてこんなにデカいタランチュラでさえも狩ることができる。

ゴライアスバードイーター

ゴライアスバードイーターと言って、世界最大のクモ。

こいつを倒せるとか正気かよw

まさにあんたが大将なのだ。

何故、タランチュラを狩るのか?

タランチュラを狩るのは、実は自分が食べるためじゃない。

子供のためなのだ!!!

そのため、オオベッコウバチはタランチュラを倒したら自分の巣に運んでいく。

そして、卵をタランチュラの体に産み付けるのだ。

すると産まれてきたオオベッコウバチの幼虫はそのままタランチュラを食べて成長できるって仕組みになっている。

子供のために自分よりデカいタランチュラを倒すなんて、なんて親心や‥。

ちなみにハチってみんなそうだけど、成虫は花の蜜を食べるwww

自分はタランチュラ食べないっていうw

人間が刺されたら危険?

こんなデカいタランチュラを倒せるくらいだから、オオベッコウバチに刺されたら人間でも危険なんじゃないか?

と思うだろう‥。

安心してください。

安心してください

死ぬほど痛いだけですよ!

あくまで「死ぬほど痛い」だけなので、実際に死ぬことはないそう。

とっても安心だねw

ちなみにそれがどれくらいの痛さが分かる動画がある。

危険生物に自らの体を刺させる強者の動画だw

本当、死ぬほど痛そうなだけだった^^

死ぬほど痛い

刺させる前から手ブルブル震えてるしねw

じゃあ、なんでこんなことすんだよって突っ込みたくてしょうがないけどwww

みんなも現地で見つけたら是非チャレンジしてみたらどうだろうか?

ちなみに一切責任は負いませんwww

関連記事
ゴキブリの脳に毒を刺して操る恐怖のハチはこいつだ!
【エメラルドゴキブリバチ】ゴキブリを洗脳?!脳に毒針を刺して操るハチ
オオベッコウバチが倒した世界最大のタランチュラはこいつ!
【ゴライアスバードイーター】両手で持ってもはみ出ちゃう!世界一でかいタランチュラ