ニチリンヒトデ

ヒトデって星の形をしている生物という認識だったのだが、腕が8~12本もあるヒトデがいるという。

その名もニチリンヒトデ

このニチリンヒトデ、実は海底に住んでいる生き物たちにとっては恐怖の存在なのだ。
今回はニチリンヒトデの恐ろしい生態に迫ってみようと思う。

ニチリンヒトデ

ニチリンヒトデってどんな生物?

ニチリンヒトデ
ヒトデ網ニチリンヒトデ科。
北太平洋に生息している。

体長は最大で1mもある巨大ヒトデ。
一般的なヒトデは腕が5本の星型をしているが、ニチリンヒトデはなんと腕が8本~12本もある。
種類によっては20本も腕があるものがいるという。

ウニ・ナマコ・ヒトデなどの海底に住んでいる生き物をエサとしている。

ニチリンヒトデは毎分3mも移動できる

驚きなのが、ニチリンヒトデは毎分3mという速さで移動できる俊足の持ち主だということ。
この俊足を生かしてものすごい速さで海底を移動しながら、進路上の生き物たちを片っ端から食らいつくしてしまうという。

海底で静かに暮らしているウニやナマコにとっては恐怖の存在でしかないだろう。
たとえ、仲間のヒトデでさえもニチリンヒトデより小さいものであれば捕食対象にされる。

自分よりもはるかに巨大な生物が突然現れて、仲間たちを次々と捕食していってしまう‥。
まるで進撃の巨人のような話である。

進撃の巨人

ニチリンヒトデが通ったところには、何も残らない。
体が大きい分、食欲も人一倍という感じなのだろうか。

ニチリンヒトデの天敵は?

海底で好き放題に大暴れしているニチリンヒトデだが、彼らの暴走を止めることができる生物はいないのだろうか‥。

ニチリンヒトデは、タラバガニが天敵だと言われている。

タラバガニって名前にもカニってついてるし見た目もカニそのものだけど、実はヤドカリの仲間らしいww
そして海底の王者といわれているほど強いのだ。

カニ

今のところ、ニチリンヒトデの暴走を止められるのはタラバガニしかいないだろう。

だからと言って、タラバガニも海底の生物を食べまくってしまうから
どちらにしても困った存在と言えるww

ニチリンヒトデの動画

これは、エゾニチリンヒトデという種類。
精子放出の様子をおさめた貴重な動画をぜひご覧あれ。

気持ちわるーーーー!!
このフヨフヨ浮いている白いのが精子だよね。

腕で踏ん張っている感じがなんとも言えない‥ww
糞みたいだww