人形島

世界にはホラー映画さながらの不気味さ満載の島が存在する。
メキシコシティから南へ28kmほど離れたソチミルコには、島中が人形で埋め尽くされている『人形島』という島がある。
ここには決して興味本位で足を踏み入れてはいけない。
昔から、死者や行方不明者が相次いでいるという曰く付きの場所だ。

今回は、不気味極まりない『人形島』について紹介しようと思う。

スポンサーリンク

ソチミルコの人形島

人形島ってどんな所?

人形島

場所は、メキシコシティの南28km地点にあるソチミルコに存在している農業用の人工の島。
その名の通り、島のいたるところに人形が飾られている。
人形と言っても可愛らしい人形ではなく、ボロボロになり腐りかけた人形ばかりで異様な雰囲気が漂う島なのだ。
人形島がある地点は、先住民が残した古い地図にも「死者が集う場所」と記されていて、昔からタブーとされていた場所だった。

島中が人形だらけになったのはなぜ?

この島にある人形は、この島でたった一人で孤独に暮らしていたサンタナという男によって集められたものだ。
なぜこのような奇行に走ったのかというと、運河で溺死した少女と深く関わりがある。
1950年に一人の少女が運河で溺死してしまいう。
偶然その場に居合わせたサンタナは、少女を助けられなかったことを悔やみ、少女の霊を供養するために運河に捨てられた人形を拾って祭壇を作ったことが始まりだった

不思議なことに運河には次々と人形が流れ着き、サンタナは流れ着いた人形を拾っては島のいたるところに吊るして飾っていったのだ。
50年ほどかけて島には数千個の人形が飾られた。

サンタナは、2001年にこの世を去るまで人形集めに執着したそうだ。
ちなみに、サンタナの死因は溺死。
サンタナの遺体は、少女が発見された場所と全く同じ場所で発見されたと言われている。

まるでホラー映画のような世界‥

いやいやいや‥怖すぎるでしょΣ(゚ロ、゚;)
この人形島の異様な光景もめちゃめちゃ怖いんだけど、サンタナ物語がホラーそのもの‥。

サンタナ
ちなみに、この人がサンタナさん。
普通の優しそうなおじさんに見えるんだけどね。

偶然に人形がこんなに流れ着くものなの!?
何かのお導きか何かなんでしょうか。

最初はこの人形たちも可愛い普通の人形だったと思うんだよね。
でも虫に食われたり、雨風によって腐ったりしてこんな姿になっちゃったんでしょ。。
人形達がかわいそうだなと思った(´・ω・`)

関係ないけど(一応人形つながり)、この前見た映画に出てきた人形がめちゃめちゃ怖かった‥。
ホラー好きな人は見るべし!!

死霊館

【死霊館】

監督がソウシリーズのジェイムズ・ワン。
実話が元になっている映画だから、リアル感がヤバイΣ(゚ロ、゚;)
ちなみに僕は怖すぎて、終始ビクビクしてましたww

アナベル人形