ムヘイシロアリ
最近世界では物騒なテロが続いてるよね。
特に怖いのが自爆テロ。
自分も吹っ飛ぶこと前提で人混みに入って爆発するんだから、巻き込まれた方はたまったもんじゃない。
そんな自爆テロがなんと自然界でも行われてるという情報を入手した・・・。

行う生物はムヘイシロアリ!!

敵を倒すために命を犠牲にするのだという・・・。
そんな生物が存在したなんて驚きだ。
ターミネーターでさえ、自分では自分を殺せないようプログラムされてるってのに。

一体どんな手段で自爆するのか。
そしてどんな状況の時なのか。
ムヘイシロアリに詳しく迫っていこうと思う。

スポンサーリンク

ムヘイシロアリ

ムヘイシロアリってどんな生き物?

ハチ目シロアリ科。
マレーシアからブレネイに生息している。
ちなみにシロアリって白いアリということではないらしい。
ハチ目の昆虫なのだ。
どちらかというとゴキブリ寄りの生き物なんだってさ。
ちょっとした豆知識ねw

ムヘイシロアリの自爆

自爆
ムヘイシロアリはその名のとおり、無兵。
兵隊アリがいない軍団なのだ。
そのためもし敵に襲われた場合、働きアリ達が代わりに戦わなければいけなくなる。
だが、元々戦うために生まれてきていない彼らは武器も持ってないし、そんな力もないのだ・・・。

それでもなんとか巣を守らなければならない。
そこで最後の手段として考案されたのが、敵もろとも自爆することだった!

胸部と頭部の間に青色をした「外のう」というものがあるのだが、そこには有毒物質が含まれている。
これを敵がやってきたら自ら破って毒を撒き散らすのだ!

その毒の量は、周囲にいる敵が全滅してしまうほどだという・・・。
当然、自分も内臓が破裂するわけだから死んでしまうのだが。
巣を守るためなら死ぬという、まさに大和魂みたいな考え方だね。

ちなみに働きアリが持つこの毒の量は、歳をとればとるほど多くなるのだそう。
だから必然的により年をとってるアリが自爆要員になっている。
若いうちはたくさん働いて、歳をとって働けなくなってきたら自爆して巣を守る。
何とも理にかなったようにも思えるが、ちょっと悲しすぎるぜ・・・。

ムヘイシロアリの自爆動画

なんとムヘイシロアリが自爆する動画を発見した!
こんな動画まであるって現代ってすごいねw

おおお・・・。
毒の入ってる袋がみるみる大きくなってる。
凄い映像だ。
欲を言えばその後、毒を放出したムヘイシロアリがどうなったかの映像や毒をくらった敵がどうなったかまで見たかったけれどもねw

本当自然界ってすごい!
僕たちの想像を超える生き物がたくさんいるね。