モウドクフキヤガエル
出典:amaru.me

見てくれたまえ、この可愛い姿を。
体が鮮やかな色をしていてとっても可愛いカエルだね。
ちょっとなでてみようかしら・・・
なんて思ってはいけない。
このカエルはモウドクフキヤガエルといって

人間を殺せるほどの毒を持っているのだ!!!

触っただけであの世行き・・・。
なんとも恐ろしいカエルなのだよ。

そんなモウドクフキヤガエルを詳しく調べていこうと思う。
それにしても、物騒な名前だねwww

モウドクフキヤガエル

モウドクフキヤガエルってどんな生き物?

モウドクフキヤガエル
出典:densetsunavi.com

無尾目ヤドクガエル科フキヤガエル属。
南米の熱帯雨林の一部に生息している。

体長は5~6cmとフキヤガエル属の中では1番デカイ。

食性は動物食で、普通のカエルと同じく虫などを食べている。

世界で1番強い毒

毒
モウドクフキヤガエルの毒は世界で1番強い毒だと言われている。
その強さは、1匹のモウドクフキヤガエルだけで人間なら10人、象なら1、2頭を殺せると言われるほどだ!!!
体長5cmほどしかないのに、こんな威力を持っていることが恐ろしい。

毒は背中の皮膚にあるのだが、その毒の種類はバトラコトキシンといって人が触れるだけでも死んでしまう。
調べれば調べるほど毒の強さに驚愕するんだが・・・。
中でも1番驚いたのは、毒が少し触れたペーパータオルに触れるだけで鶏や犬は死んでしまうんだってさ・・・。

毒の間接キッスで死ぬんかい!

こんなカエルが地球にたくさんいたら、今頃人類はいなかったのかもしれない。
今は生息地で開発が進んでいるため、数は減少してるのだとか・・・。

ちなみにモウドクフキヤガエルの名前のとおり、昔の先住民は吹き矢の先にこの毒を塗って狩りをしていたらしい。

美しいのは警告

なんでモウドクフキヤガエルがこんなにも美しい見た目をしているのか。
それは警告のため。
自然界にはあまりない色をすることによって、危険さをアピールしてるのだろう。
だけどもなんかこれだけ綺麗だと、逆に触りたくなるよ・・・。

この毒が効かない奴もいる

こんだけ強い毒を持つモウドクフキヤガエルでも天敵はいる。
それはノハラツヤヘビ属のヘビで、この猛毒に耐性をもっているのだ。
しかも耐性を持っているだけではなく、モウドクフキヤガエルが大好物www
他の生物にとっては命を脅かす危険なカエルなのに、このヘビにとってはご馳走なんだね。
なんか不思議。
本当自然って良く出来てると思う。

医学ってすごい

人間はこの毒を医薬品として研究して、なんと鎮静剤に活用してるんだってさw
毒を持って毒を制すって言葉通りだね。
モウドクフキヤガエルの毒もそれ食うヘビも凄いけど、
人間も凄すぎだろwww

ペットとして飼える

実はこのモウドクフキヤガエルはペットとして飼うことができるのだ。
そんな猛毒を持ったカエル飼う人いんのかよ!って思ったのだが、このカエルはドクムシを食べることで毒を作り出してるらしい。
なので、普通のハエやコオロギなどを食事に与えれば毒は作れず無害なカエルになるんだってさ。
興味のある人は1度飼ってみてはいかがでしょう。
万が一のため、僕は遠慮しておくが・・・w