モンスの天使

ピンチに陥ると、ここぞとばかりに神頼みする人っているよね。

僕も何かと都合よく神頼みはしてしまうタイプww
「神様どうか‥!!」なんて心の中でよく唱えてしまっている。

まぁ、信仰心の薄い僕は、神様に祈りが通じることなんでほぼないんだけどww

でも、実際に神への祈りが届いたのではないかと言われている有名な逸話があるのを知っているだろうか?

それはモンスの天使と呼ばれていて第一次世界大戦の時に起こった。

なんと、
戦場に突如として天使が現れ
イギリス軍を窮地から救った
というのだ。

まさに、神への祈りが届いた瞬間じゃない?Σ(゚ロ、゚;)

ちょっと信じがたい話ではあるけど‥
今回は、天使が起こした戦場の奇跡『モンスの天使』について紹介しようと思う。

モンスの天使

モンスの天使とは?

1914年、第一次世界大戦中のベルギーのモンスでドイツ軍とイギリス軍が戦っていた。
ドイツ軍の圧倒的な戦闘力を前に、イギリス軍はなすすべもなく、全滅必死かと思われていた。

そして、ドイツ軍がとどめの総攻撃をしかけようとしたまさにその時、戦場を突然まぶしい光が包み込んだ。

その謎の光は天使の姿となって、ドイツ軍の前に立ちはだかったのだ!!

天使がイギリス軍の退路を作り出し、無事に退却することができたという。

モンスの天使によって、イギリス軍は全滅必死の極限状態の中で多くの命が救われたということになる。

兵士たちによる見間違いではないかと否定的な意見もあるが、ある研究家が実際にモンスの戦いで撮影された写真の中に天使の姿を発見。
これは天使の存在を証明する証拠だとも言われている。

天使は人を傷をつけない!?

戦場に現れた天使は、ドイツ兵に弓矢を放っていたとも言われている。
しかし、この弓矢に打たれて倒れた兵士たちには一切傷がついていなかったそう。
天使が放つ弓矢には、人に傷をつけない不思議なパワーがあるのかも!?

しかも、天使の不思議な力で体が急に動かなくなったというドイツ兵もいたみたい。
イギリス軍を無事に撤退させるために、天使がドイツ兵をまとめて金縛り状態にした的な感じかな?

弓矢にしても金縛りにしても、天使は人を傷つけることなく戦況を変えたと言えるよね。
スゴイ!!

モンスの天使の正体はミカエル!?

ミカエル
モンスの天使の正体は、ミカエルだったのではないかと言われている。

ミカエルは、四大天使の一人とされていて、もっとも偉大とされている天使。
甲冑に身をまとい、右手に剣、左手に秤を持っているというのが一般的なイメージ。

ミカエルは、悪魔との戦いの時に最前線で指揮をとる天使だとも言われているし、なんだかイメージには合っているような気がするよね。

モンスの天使の正体については諸説あり、ミカエルの他に、ジャンヌダルクやゲオルギウスだったのではないかという説もある。