ミミックオクトパス
今回ご紹介するのは、ミミックオクトパス。
モノマネ上手のタコだ。
レパートリーは20種類以上とも言われていて、擬態を駆使してエサに近づいたり、自分の身を守ったりする賢い奴なのだ。
果たして、モノマネの腕前はいかがなものか。
ミミックオクトパスのモノマネ芸に迫ってみよう。

ミミックオクトパス

ミミックオクトパスってどんな生き物?

タコ目マダコ亜科。
生息地は、インドネシア周辺。
体長は最大で60cmほどで比較的小さい。
本来は明茶褐色の体色だが、擬態を行う時は白と茶色の縞模様になる。
小形の魚類と甲殻類が主な捕食対象である。

驚きのモノマネ芸

擬態を得意とする生物はたくさんいるが、ほとんどは一つの擬態を極めているのに対し、ミミックオクトパスは20種類以上の擬態ができると言われている。
捕食対象のみならず、天敵の擬態までしてしまうとてつもない勇気のある奴なのだ。
擬態がバレたら即効で食べられちゃうのに、自分の擬態によっぽどの自信があるのかなww

では、ミミックオクトパス君に得意のモノマネ芸を披露してもらいましょう。

これは、ヒラメに擬態したミミックオクトパス。

ヒラメに擬態したミミックオクトパス
出典:mokichi.com

ちなみに本物のヒラメはこれね。
ヒラメ

これは、イソギンチャクに擬態したミミックオクトパス。

イソギンチャクに擬態したミミックオクトパス
出典:mokichi.com

これは本物のイソギンチャク。
イソギンチャク

うーん‥。
似てると言われれば似てるけど、似てないと言われると似てないww
なんか微妙かもww
というかモノマネが荒い気がするw

まあ、視界の悪い海中ではもしかしたらめちゃめちゃ本物に見えるのかもしれない。
一つを極めるんじゃなくて、そこそこなモノマネを数で勝負するスタイルなんだろうかww

ハリウッドザコシショウ

ハリウッドザコシショウは似てないモノマネで笑いをとっているけれども、そんな感じで他の生き物達も、
「コイツバレバレやんけwww」
って笑いながら通り過ぎていくのかもしれない・・・。