ホープダイヤモンド
ホープダイヤモンドという宝石をご存知だろうか?
名前のとおり、とても美しいダイヤモンドなのだが、この宝石には不吉な噂がある‥。

なんでもこの宝石を手に入れたら、

必ず死んでしまうのだという!!!

おいおい‥、そんな漫画みたいな話あるのかよw
と思う人もいるだろう。
僕も実際聞いたときは鼻で笑った。

だが、調べれば調べるほどにこれは本物の不幸の宝石なのではないか‥?と思わざるおえないのだ!!!

そんなホープダイヤモンドに今宵は迫ろうと思う!!!

ホープダイヤモンドとは

ホープダイヤモンド
9世紀にインドにある村の農夫が畑で発見した。
発見されたときは、112.50カラットと言われていて現在は44.52カラット。
規格外の大きさのダイヤモンドだ。

伝説のダイヤモンドだが、ちゃんと存在していて現在ワシントンのスミソニアン自然博物館に展示されている。

ホープダイヤモンドの呪い

歴史上有名な人物も手にしてきたホープダイヤモンド。
だが、手にした者は必ず不幸になっている。
どんな人物が手に入れて、どんな不幸が起きたのかまとめてみようと思う。

発見者の農夫

最初にホープダイヤモンドを発見した農夫。
喜びもつかの間、村がペルシア軍に攻め込まれ、ダイヤを奪われた挙句殺されてしまう。

ルイ14世

みんなが知ってる有名なフランスの国王、ルイ14世もホープダイヤモンドを手にしている。
だが、病に倒れて死亡。
続いてルイ15世が受け継いだが、同じく病死してしまう。

ルイ16世とマリー・アントワネットは、なんとギロチンで処刑されてしまう。

ヘンリー・ホープ

イギリスの大富豪、ヘンリー・ホープがダイヤを手にする。
だが、突然の破産。
そして死亡。

マリリン・モンロー

絶世の美女マリリン・モンローは、所有はしていなかったものの映画でホープダイヤモンドを身につけている。
それから、数年後に謎の死が訪れている。

呪いの原因はなんなのか?

何故これほどまでに不審な死が訪れるのか。
本当に呪いなのか。
検証していきたいと思う。

偶然説

医療も発達していない時代だったし、戦争も多かったので、そりゃ寿命は短いだろ。って考え方。
まぁ、それで済ませてしまえばダイヤの呪いの話も終わってしまうんだけどwww
でもそれで終わる不幸レベルではないよね。
もっと人知を超えた何か凄い力がありそうだ。

ダイヤモンドの成分ヤバイ説

実はホープダイヤモンドには、すごい秘密が隠されている。

なんと、紫外線をあてると

1分以上赤く光り続けるのだという!

ジョジョ

ジョジョのエイジャの赤石みたいだねwww
結構色んな漫画や、映画でこんな宝石が登場するけど、ホープダイヤモンドを元にしてるらしいよ。

ダイヤモンドに紫外線を当てると、光るのは別に珍しくないらしい。
だけど、ホープダイヤモンドは1分以上!しかも赤く光るという‥。
理由はウィキペディア先生も謎と言っている。

この謎のエネルギーが呪いと深く関わっているのではないか?と僕は思う‥。

まとめ

以上、呪われた宝石ホープダイヤモンドでした。
君はこの呪いどう思う‥?

ただ、ホープダイヤモンド‥
直訳すると希望の宝石。

なんとも皮肉な名前が付いたものだw