グラスフロッグ

誰でも、透明人間になりたいなーなんて妄想を一度はしたことがあると思う。
ある意味、男のロマンだよねww

そんな憧れの透明な体を持つカエルがいるって知ってた?
正確に言うと、半透明の体だから理想とはちょっとちがうんだけどww

今回は、半透明な体を持つグラスフロッグについて紹介しようと思う。

グラスフロッグ

グラスフロッグってどんな生き物?

グラスフロッグ
脊椎動物亜門・両生綱・カエル目。
中南米(ブラジル、コロンビアなど)に生息している。
全長は2~3cm。

グラフフロッグの最大の特徴は、スケスケの体。
背中側は透明感のあるライムグリーン色をしているが、お腹側はほぼ透明。
ドックンドックンと脈打つ心臓まで丸見えなのだ。
名前はグラスのように透明なカエルという、そのままの意味。

普通のカエル同様に、小さな虫などを捕食している。

ちなみに、グラスフロッグだけで150種類以上が確認されているらしい。

透明な体ばかりに目がいってしまいがちだけど、実はけっこう可愛い顔をしているww
目なんかとくに可愛いでしょww
こういうアニメのキャラいなかったっけ?ww

グラスフロッグはなぜ透明の体をしているのか

弱点の心臓まで丸見えで危ない気もするが、グラスフロッグはなぜ透明な体をしているのだろうか。

それは身を守るため

これしかないよねww

半透明な体は、周りの風景に溶け込みやすく、敵から身を守るには最適!!
葉っぱの上にグラスフロッグがいても、注意して見ないとなかなか見つけられないのだ。

しかも、グラスフロッグは夜行性だから、半透明の体は余計に身を隠すのに役立っている。
体の色や模様で身を隠している生物はたくさんいるが、体を透明にして身を守っているのはグラスフロッグだけだろう。

透けている内臓を見てしまうとちょっとグロテスクな気もするけど、なんだか神秘的でとても美しいよね。
ゴムで出来たオモチャみたいな‥そんな感じもする。

サイズ感も小さくて可愛らしいし、ペットとして飼いたい人も多いんじゃないかな?

グラスフロッグは絶滅の危機にある!?

グラスフロッグは、150種類以上の仲間が発見されているんだけど、年々数が減少していて絶滅のピンチとも言われている。
様々な理由が考えられるが、カエルの強敵であるカエルツボカビというカビが関係していると考えられる。

体が小さいから、どうしても捕食される側になってしまうし、カビの被害にもあってしまう‥となると、ものすごい繁殖力がない限り数は減っていってしまうよね(´・ω・)

こんなにキレイで神秘的なカエルを見られなくなっちゃうのは悲しすぎるから、ぜひとも元気に繁殖して絶滅の危機を乗り越えてほしいなと思う。

グラスフロッグの動画

最後に、グラスフロッグの動画をぜひ見てほしい。
内臓がドクドクしてるのがめちゃめちゃリアルだから、苦手な人は注意!!

すげーΣ(゚ロ、゚;)
めちゃめちゃドクドクしてる!!

解剖なんてしなくても、カエルの体の構造がわかっちゃうねww

写真で見るとキレイだけど、動いてるのみるとやっぱりグロイ!!