脱獄
刑務所からの脱獄。

それは僕たち一般市民からしたら未知のものだ。

そもそも刑務所知らないし。(知ってる人いたらごめん)

脱獄物で一世を風靡したプリズンブレイクもハラハラして最高のものだった‥。

だが、今回紹介するのはそんなマイケル・スコフィールドも仰天しちゃう

現実に刑務所から脱獄した男達なのだ!!!

その手口とやらに僕たちはあっと驚かされるだろう‥。

ではいくぜ!!!

世界の脱獄犯、出てこいやぁあああ!!!!

スポンサーリンク

世界の脱獄犯

白鳥由栄(しらとりよしえ)

白鳥由栄
出典:bukimidick.com

まずは我らが日本の脱獄王を紹介しよう!

白鳥由栄(しらとりよしえ)。

映画やテレビでも扱われていることが多いから知っている人もいるんじゃなかろうか?

なんとこの男は、26年間の服役生活の中4度の脱獄に成功しているのだ!!!

4度ってwww

そのことから昭和の脱獄王とも呼ばれているのだ。

まさにピッタリの異名だろう‥。

その脱獄の手段の数々が凄い。

1回目

針金で作った合鍵で手錠を外して脱獄。

今の時代ならアナログwwwと馬鹿にしたいところだが、これは1936年の出来事。

その時代なら超デジタルな男なのではなかろうか?w

2回目

板に釘を付けて作ったオリジナルのノコギリで鉄格子を切断し脱獄!

まさにDIYの先駆け。

3回目

幾度の脱獄で常に手錠を掛けた状態で牢屋に投獄されるも、なんと味噌汁を手錠にかけ続ける。

そして、その塩分で手錠を錆びさせ外すという荒業をやってのける。

ついでに鉄格子も錆びさせ外し脱走!!!

て‥天才?

4回目

もう、逃さへんで~と監視が厳しくなった刑務所。

さすがにもう脱走は不可能と思われたが、白石は違うところに目を向ける。

そう、地中だ。

鉄格子に看守が目を光らせる中、床板をまたまたお手製ノコギリで外し、食器で穴を掘ってトンネルを作り脱獄したのだ!!!

見てる人は、昔だから監視とか拘束道具が甘かったからでしょ?と思うかもしれない。

だが、彼は体中の関節を外せるという特異体質の持ち主なのだ!

しかも、1日120kmも走れて、鎖をも引きちぎる怪力だったらしいwww

バケモノやんけwww

きっと現代のハイテク刑務所でも彼なら簡単に脱獄できるのではないかと僕はよんでいる‥。

フランク・モリス、クラレンス、ジョン

アルカトラズ脱獄
出典:karapaia.com

アルカトラズ刑務所を知っているだろうか?

小さな島で周りは海に囲まれている、まさに脱獄不可能と言われていた刑務所だ!

現在は閉鎖されてしまったが、1963年までは実際に刑務所として使用されていた。

公式には、36人脱獄を試みた受刑者がいたが、いずれも捕まったり射殺されたり、溺死したとされている。

だが、フランク・モリスをリーダーとするクラレンスジョンの3人は死体が見つかっておらず、脱獄が成功して今では自由に生活しているのではないかと噂されているのだ。

その3人が脱獄するために行った手口が面白い。

壁に穴を掘るまでは脱獄物でよく見る光景。

そこから、見つかるまでの時間を稼ぐために自分達に似せた顔の人形を作ったのだ!!!

人形

ばいーーーん!!!

寝かせるとこんな感じ。

人形
出典:karapaia.com

若干、こんな小学生の工作みたいな人形で?

と笑えてくるが、脱獄したのは夜でうす暗いし、これでも全然分からないのだろう。

ただ、これを作るのに2年間の歳月を使ったらしい‥w

穴とかイカダとか色々含めてだが。

俺、もうちょっと鼻高いやろ!

って人形のクオリティに時間使ってたとしたらどうしようw

ホアキン・グスマン

ホアキン・グスマン
メキシコの麻薬王とも呼ばれている犯罪者ホアキン・グスマン

彼は麻薬の売買で荒稼ぎし、資産はなんと1000億円とも言われているのだ!!!

その潤沢な資金をふんだんに使って、刑務所からの脱獄をしている。

しかも2回もw

1回目

清掃作業車に隠れて脱獄。

そんな簡単に脱獄出来んのかい!w

と思うが、なんと看守78人に賄賂を渡して見過ごさせたのだ!!!

その額3億円www

そりゃあ1000億持ってるんだからなんてことないんだろうけどね。

もらう看守も看守だろ!w

というか78人ってほぼ全員なんじゃ‥?

2回目

脱獄に成功したものの、敢え無く捕まってしまったグスマン。

今度はなんと、仲間に刑務所の真下まで続く地下トンネルを掘らせて脱獄するのだ!!!

そのトンネルには、電気も通っており、空気を入れ替える換気のシステムまであったという‥。

しかも、グスマンを運ぶためのバイクまでもがあったのだ!!!w

地下にだよ?www

もうなんか凄すぎて、映画なのか現実なのかよくわからないwww

しかも、その脱獄に使ったお金は60億円とも言われている。

もうそのお金で映画撮れよって思うw

当然今回も看守に賄賂を渡していて、発見が遅れたそうだ‥。

なんかどっちもどっちだね。

パスカル・ペイエ

ヘリコプター

パスカル・ペイエは2度の脱獄に成功したフランスの犯罪者。

その方法が面白い。

なんと、2度ともヘリコプターを使って脱獄したのだwww

刑務所の上空にヘリを待機させ、仲間がロープで降りてきて銃で看守を脅す。

そのスキにペイエはヘリコプターに乗り込み、そのまま刑務所からオサラバするというなんとも近代的な作戦だったのだw

もう映画より映画しちゃってるよwww

リチャード・リー・マクネア

リチャード・リー・マクネア
リチャード・リー・マクネアも3度も脱獄に成功している男。

やはり脱獄に成功しているやつは何度も成功している‥。

一種の才能なんだろうか?

マクレアの脱獄方法もこれまた面白い!

1回目

リップクリームを腕に塗りたくって手錠を外して脱獄!!

www

確かに滑り良いけれどもw

2回目

スパイ映画さながら、換気ダクトから脱獄!

僕、換気ダクトの中に入って掃除するバイトしてたことあるけど、マジで地獄よ‥。

狭いし、汚いし、ネズミちゃんの腐った死骸とか落ちてるよw

3回目

木箱に入って、そのまま郵送され脱獄成功!!!

そんなことある?www

彼の脱獄方法ならちょっと真似できてしまいそうな気がするぜw

スティーブン・ラッセル

スティーブン・ラッセル
出典:writerzlab.com

彼も複数回の脱獄に成功している。

その数、なんと4回!!!

IQ160とも言われる頭脳を駆使した本物の脱獄王だ。

しかも、最初は6ヶ月の懲役だったのに、それが我慢できずに脱獄を重ね最終的に144年の刑になって現在も服役しているそう‥。

頭が良いのか悪いのか、ちょっと疑問が沸くw

その脱獄の方法を覗いてみよう。

1回目

看守がゲートを通過させる時に、囚人服かどうかとトランシーバーを持っているかのチェックしかしていないことに気付いたラッセル。

一般人の服とトランシーバーを手に入れ、難なく脱獄に成功!!

2回目

多額の保釈金を払わなければ刑務所から出られない。

そこで、ラッセルが考えたのが、保釈指示書の偽造。

なんと、書いてある文字の大きさや位置、文章など全て丸暗記して、知人に全く同じものを作らせたのだ!!!

さりげなく安い保釈金に書き換えて。

まんまとそれが成功し、安い保釈金を払って脱獄に成功!

マジで天才だよ‥。

マイケル・スコフィールドでさえ、記憶できずに体に書き込んだからねw

3回目

医療スタッフの緑の服に目を付けたラッセル。

あれを着れればフリーパス。

そこで、緑のペンが必要な木や森の絵を書くフリをし続けたのだ!

そうすることで、貯まった大量の緑のインク。

それを使い、囚人服を見事緑に染め上げ医療スタッフに見せかけ脱獄成功!!

4回目

HIV感染者に見せかけるために、食事の量や下剤で無理やり体重を減らしたラッセル。

そして病院に運ばれて自身の希望で治験を受けることになるのだが、治験先にも病院にも自ら電話し、ラッセルは容態が急変し死亡したと伝えるのだった。

自分は見事移送中に消えて脱獄成功!!!

この人は、詐欺でも巨万の富を得てるし、本当に何やっても天才なんだろうねw

なぜ、犯罪に使ってしまったんだろうか?

これをいい方向に使えてたら歴史に名を残せたんじゃ‥w

ちなみにラッセルが脱獄した理由は、恋人が病気で死にそうだったから。

しかも男www

同性愛者だったのだw

今も刑務所で暮らしているが、恋人が死んじゃったからもう脱獄する理由はないと語っている。

ちなみに、フィリップ、きみを愛してる!というジム・キャリー主演の映画にもなってるよ!

まとめ

世界の脱獄犯、いかがだったろうか?

圧巻の手口の数々。

是非、脱獄の際は参考にしてもらいたいwww