エアーズロック 呪い

エアーズロックは世界でも有名な観光名所だから知っている人も多いよね。

日本人でも登ったことがある人はたくさんいると思う。

そんなエアーズロックに呪いの噂があるのを知っているだろうか?

なんでも、エアーズロックの石を持ち帰った人は次々と不幸に見舞われるという。

どんな不幸が襲ってくるんだろうか‥。

さっそくエアーズロック(ウルル)の呪いについて紹介しようと思う。

スポンサーリンク

エアーズロック(ウルル)の呪い

エアーズロックとは?

知っている人も多いと思うが、まずはエアーズロックについてサクッと説明するね。

エアーズロックは、通称ウルルと呼ばれていてオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きな岩。

地球のヘソなんて呼ばれ方もしている。

標高は868メートル、周囲は9.4キロほど。

表面に風食によってできた大きなくぼみや穴がいくつもあるんだけど、それらはノッチって呼ばれて精霊が宿っているとされている。

先住民のアボリジニにとっては聖地。

エアーズロック周辺には許可がないと入れない場所が何か所もあって、無断侵入すると罰金を払わなくちゃいけないみたいだから気を付けてね!

石を持ち帰ると呪われる!?

エアーズロックの呪い

ここからが本題の呪いのお話し。

エアーズロックに訪れた観光客の中には、石を記念に持ち帰る悪い人がけっこういるみたいなんだよね。

でも、いくらキレイな石を見つけたからといって絶対に持ち帰ってはいけない。

エアーズロックから石を持ち帰った人たちは、次々と不幸に襲われているという。

病気や事故、離婚など‥不幸の種類(?)は様々みたいだけど。

その証拠に、エアーズロックを管理している国際バークレンジャーのところには毎日のように石が返却されてるんだって。

石を持ち帰るのは犯罪行為!

ちなみに、エアーズロックから石を持ち帰るのは犯罪だからね!

見つかれば罰金2000ドル!

「石なんていっぱいあるからちょっとくらいいいでしょ♪」なんてこと考えてるから罰があたるんだよ。

しかも不幸なことが起こったら呪いだとか騒いでさ‥。

バカみたいじゃない?

呪われるから持ち帰るのはやめよう‥っていう発想自体が間違っているような気がするよ。

アボリジニにとっては聖地でとっても大切な場所。

そこを観光客に公開してくれてるだけでも有り難いことなんだから、せめてルールは守りましょうね!

2019年から登山禁止に‥

アボリジニ

エアーズロックは、2019年10月より登山禁止になることが発表されました。

理由は

アボリジニの聖地だから。

というぼんやりしたもの。

こういった観光客のマナーが問題視されたせいだろうか‥。

僕も一度登って見たかったのに、もう一生登れなさそうだ。

今回ムダに説教臭くなってしまったのはそれが理由ww

おバカくんおバカくん

オイラも記念に石を持ち帰りたいでゲス!!

てめーは呪われちまえ!ww

関連記事