シロオビアワフキ
出典:ha.shotoku.ac.jp

土の中、葉っぱの影、親の背中‥

世界には色んな虫がいて、幼虫の時は外敵に襲われないよう様々な場所で暮らすよね。

今回紹介するシロオビアワフキって虫はなんとも驚きの方法で身を隠すのだ。

それはなんと、泡の中

泡の中?

泡

自然界って自然に泡があるものだっけ?

一体どういうことなのだろう?

シロオビアワフキを詳しく見ていこうと思う。

スポンサーリンク

シロオビアワフキ

シロオビアワフキってどんな生き物?

ヨコバイ目アワフキムシ科。

体長は幼虫で8mmほどで、成虫は12mmほど。

日本、中国、朝鮮半島、シベリアなどに生息している。

幼虫の頃は泡の中で生活し、成虫になると泡から出てくる。

泡に隠れるシロオビアワフキ

問題の泡に隠れているところを見ていこう。

これだ。

シロオビアワフキ
出典:tokyoinsects.blog14.fc2.com

ババーン!!!

なんとこの泡の中にシロオビアワフキの幼虫が隠れているのだ!

こんな泡自然に発生しないから、怪しさ満点だけどねw

シロオビアワフキ
出典:blog.goo.ne.jp
複数のシロオビアワフキ
出典:aiaicamera.seesaa.net

何故泡の中に隠れるのかというと、天敵から身を守るため。

他の虫は、この泡の中では息が出来ないから入ってこれないのである。

間合い
出典:mythcode.net

まさに絶対領域。

シロオビアワフキよ、なかなか考えたな!

泡はどうやって作るの?

その泡は一体どうやって作るのだろうか?

自然界には普通に落ちてるものじゃないし、洗剤でも民家から拝借してくるのだろうか?w

実は、シロオビアワフキは自分で泡を作り出すことが出来るのだ!

栄養は植物の汁を吸うことで得ているんだけど、その汁から余った水分をお尻から出す。

そのお尻から出た水分を上手く空気を利用して泡立てていくのだ。

虫が作った物があんな繊細な泡になるなんて驚きだよね。

でも、ケツから出した汁で作った泡だから若干臭そうだがwww

ビニール
出典:blog.livedoor.jp

人間に例えたら、自分のオナラで作った空間の中で生活するってことか‥。

恐ろしや‥。