アナベル人形
出典:starmint.net

日本にも、髪の毛が伸びる呪いの菊人形などの人形にまつわる怖い話はたくさんあるよね。

人の形をしているから、魂が入り込みやすいのかな?

今回ご紹介するのは、呪いの人形として世界的にも有名な『アナベル人形』

映画のモデルにもなったお人形さんだから、知っている人も多いのではないだろうか?

さて、アナベル人形はどんな恐ろしい逸話を残しているのか。

さっそくご覧頂こう。

スポンサーリンク

呪いのアナベル人形

アナベル人形とは?

アナベル人形 ラガディ・アン
出典:karapaia.com

アナベル人形は、ラガディ・アンというアメリカのキャラクターの人形だ。

現在でも普通に販売されていて、アメリカでは比較的ポピュラーな人形なんだって。

てっきり、オーダーメイドで作られた特別な人形なのかと思っていたけど。

ラガディ・アン人形全部が呪われているわけではないのでご安心を!

勝手に動き回る人形‥

人形

ここからは、問題の呪われているアナベル人形のお話。

1970年、大学生のドナという女性が母親からヴィンテージのラガディ・アン人形をプレゼントされた。

ドナはアンジーという女性と小さなアパートでルームシェアをしていたんだけど、部屋には2人の共通の友達のルーという男性も頻繁に遊びに来ていたそうだ。

人形が来て数日が過ぎた頃、ドナは奇妙なことに気づく。

人形が勝手に移動していたのだ!

最初は微妙に位置が変わっている程度だったので、「もしかしたら勘違い?」なんて思っていたのだが、

ある日、カウチに置いていたはずの人形がベッドの上に移動していた‥。

これをみて気味が悪くなった男友達のルーは「そんな人形、燃やしちまおーぜ」と提案するのだが、

ドナは「せっかく母がプレゼントしてくれたし‥」と人形はそのままにしておくことになった。

人形からのメッセージ‥?

メッセージ

それからほどなくして、羊皮紙に書かれたメッセージが家のいたる場所から発見されるようになった。

羊皮の紙なんて、現代人のドナが持っているはずもない。

メッセージはどれも子どもが書いたようなつたない文字だったという。

その中の1枚には「ルーを助けて」と書かれていたそうだ。

さすがにそれには怖くなったドナとアンジーは霊媒師に相談に行くことに。

霊媒師によると、ドナとアンジーが暮らしているアパートが建っている場所は以前、アナベル・ヒギンズという少女が暮らしていた家があったという。

7歳でこの世を去ってしまったアナベルの魂が人形に憑りつき、ドナとアンジーに遊んでほしいと誘っているのだということだった。

2人はアナベルに同情し、人形はそのまま部屋に置いておくことにした。

何かされたわけじゃないしね、大丈夫でしょ!って思ったんだろう。

恐ろしい悲劇が‥

胸が苦しい

霊が憑りついている人形をそのままにしておく‥なんて能天気なドナとアンジーとは違い、ルーはとてつもない恐怖に震えていた。

毎晩、アナベル人形に首を絞められる悪夢を見ていたのだ。

ルーがドナとアンジーの部屋を訪ねた時、カサカサという不気味な音が隣の部屋から聞こえてきた。

嫌な予感がして、ルーはその音のする部屋へ様子を見に行くことに‥。

部屋の隅にはアナベル人形が不気味な笑みを浮かべていた。(ただ単に笑っている人形なだけねw)

アナベル人形に近づくほどに胸に痛みを感じて、終いには身がよじれるほどの痛みがルーを襲う!

「ぐはぁぁ‥何だこの痛みは‥」

シャツをめくり上げて見てみると、獣のものと思われる7本の爪痕がくっきりと残されていた。

アナベル人形に憑りついていたものの正体は‥

エド&ロレイン・ウォーレン夫妻

これにはさすがにドナとアンジーも恐怖を感じて、当時心霊研究家として有名だったエド&ロレイン・ウォーレン夫妻に助けを求めることに。

夫妻の調査で、人形に憑りついていたのは可愛い少女の幽霊なんかではなく、邪悪な悪霊だということが判明。

恐らく「ルーを助けて」というメッセージは、アナベル少女が悪霊の存在を知らせるために送ったものなんじゃないかと思う。(僕的推理)

神父さんに悪魔祓いをお願いしたのだが、悪霊の気配は消えることはなく、アナベル人形はエド&ロレイン・ウォーレン夫妻が持ち帰ることとなった。

現在も、アナベル人形は夫妻が所有する自宅敷地内にあるオカルト博物館に厳重に保管されている。

映画にもなった恐怖のアナベル人形ストーリー

冒頭でもチラッと話したけど、このアナベル人形の話は「アナベル 死霊館の人形」という映画のモデルにもなっている。

その前に、ソウシリーズでもお馴染みのジェームズワン監督のホラー映画「死霊館」でアナベル人形は登場しているんだけど

そのアナベル人形の見た目が怖すぎる!

ソウのジグソウ人形もめちゃめちゃ不気味だったけど、アナベル人形も負けてない!

アナベル人形 死霊館

デデーン!

死霊館では、エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が体験した他の心霊体験の話が主軸になっていて、アナベル人形は過去にこんな恐ろしい体験もあったわね的な感じでチラッと出てくるだけなんだけどさ

人形の存在感がデカ過ぎて、アナベルの話もっと知りたい!という人が続出。

それでアナベルのスピンオフが作られたみたい。

僕も死霊館は見たけど、その気持ちすごくわかるよw

映画見終わったあと、もちろん急いでアナベルも借りにツ○ヤに走りましたww

ちなみに、アナベルはかなり脚色はされているから完全に実話というわけじゃないんだけど、実話を元にした話っていう背景が怖さを倍増させてるんだよね。

ホラー映画大好き♡とびきり怖いヤツ頂戴♡という人はぜひ見てみてね!

これ、アナベル 死霊館の人形のCM動画です↓

アナベル人形の現在は?

アナベル人形 現在

ちなみに、このアナベル人形は現在もオカルト博物館に厳重に保管されている。

大きく書かれた「Warning!」の文字を見れば、この人形がいかにヤバイのかがわかるよね。

今でも神父さんが月に2回祈祷を捧げているらしい。

一般の人にも公開されているから興味のある人は、ぜひ足を運んで実物を拝んでみよう!

関連記事